事前登録いただくと各セミナーの詳細情報やリマインドメール、そしてお得な最新情報もお届けします
 
 
名 称  くりっくフェスティバル2020オンライン『株×FX:投資戦略フォーラム』
日 程  2020年10月〜11月
会 場  オンラインセミナー(YouTube等)
講 師  岡崎良介、江守哲、坂本慎太郎、エミン・ユルマズ
 池水雄一、手塚宏二、叶内文子、大橋ひろこ(敬称略)
主 催  くりっくフェスタ事務局
協 賛  株式会社東京金融取引所
メディア  日経CNBC 、FOREX PRESS
企画・運営  株式会社想研、キャピタル・エフ株式会社
お問合せ  くりっくフェスタ事務局(キャピタル・エフ) E-mail : clickfes@gmail.com

※本イベントの内容を予告なく変更する場合がありますので予めご了承下さい。プログラムの追加、訂正は随時公式サイトにてご案内してまいります。

 
 
10/26付で1年に1度のリセット付商品に変更、またNYダウはミニサイズ化、金ETF・原油ETFも新たに上場予定です
 
 
はじめての為替投資とその活用法〜くりっく365入門編〜   はじめての株価指数とその活用法〜くりっく365株入門編〜
 
※くりっく365、くりっく株365は相場の状況等により、差し入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。
取引される場合は、取扱会社から交付される契約締結前交付書面等の内容を十分理解した上で、ご自身の判断で取引を行ってください。
 
 
終了しました
 
【提供】
岡三オンライン証券
 
【提供】
auカブコム証券
 
【提供】
auカブコム証券
 
【提供】
auカブコム証券
 
【提供】
東京金融取引所
 
【提供】
豊商事
 
【提供】
岡三オンライン証券
 
 
【提供】
岡安商事
 
 
 
【提供】
順次追加
 

※本イベントの内容を予告なく変更する場合がありますので予めご了承下さい。プログラムの追加、訂正は随時公式サイトにてご案内してまいります。

 
 
岡崎良介(おかざき・りょうすけ)氏
日経CNBC/マーケットアナライズ コメンテーター
1959年生まれ。1983年慶応大経済学部卒。伊藤忠商事に入社後、米国勤務を経て、1987年に野村證券投資信託委託(現・野村アセットマネジメント)に移りファンドマネジャーに。 1993年から日本バンカーズトラスト信託銀行(現ドイチェ・アセットマネジメント)において、資産運用部門における債券為替担当取締役として年金・投信・ヘッジファンドなどの運用に長く携わる。 2004年、フィスコ・アセットマネジメント(現ITCインベストメント・パートナーズ)の設立に運用担当最高責任者(CIO)として参画。 2012年7月独立し現在に至る。
>>岡崎良介オフィシャルサイト
エミン・ユルマズ 氏
エコノミスト/ 為替ストラテジスト
トルコ・イスタンブール出身。1996年に国際生物学オリンピックで優勝。97年に日本に留学。1年後に東京大学理科一類に合格。同大学院で生命工学修士を取得。2006年に野村證券に入社、投資銀行部門、機関投資家営業部門に携わり、2016年から複眼経済塾の取締役・塾頭に就任。
>>複眼経済塾公式サイト
吉崎達彦(よしざき・たつひこ)氏
双日総合研究所 チーフエコノミスト
1960年富山県生まれ。1984年一橋大学卒、日商岩井(株)入社。広報誌『トレードピア』編集長、米ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て企業エコノミストに。日商岩井とニチメンの合併を機に2004年から現職。関心領域は日本経済、米国政治、外交・安全保障論など。大阪経済大学客員教授、一般財団法人 国際開発センター理事、NPO法人 岡崎研究所理事、冠婚葬祭総合研究所客員研究員などを務める。著書に『アメリカの論理』、『1985年』『気づいたら先頭に立っていた日本経済』(新潮新書)、『オバマは世界を救えるか』(新潮社)、『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)など。
植野大作(うえの・だいさく)氏
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 チーフ為替ストラテジスト
1988年、野村総合研究所入社。2000年に国際金融研究室長を経て、04年に野村証券に転籍、国際金融調査課長として為替調査を統括、09年に投資調査部長。同年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画、12月より主席研究員兼代表取締役社長。12年4月に三菱UFJモルガン・スタンレー証券入社、13年4月より現職。05年以降、日本経済新聞社主催のアナリスト・ランキングで5年連続為替部門1位を獲得。
尾河眞樹(おがわ・まき)氏
ソニーフィナンシャルホールディングス 執行役員 兼 金融市場調査部長 チーフアナリスト
ファースト・シカゴ銀行、JPモルガンなどの為替ディーラーを経て、ソニーの財務部(SGTS)にて為替リスクヘッジと市場調査に従事。その後シティバンク銀行(現SMBC信託銀行)で個人金融部門の投資調査企画部長として、金融市場の調査・分析、および個人投資家向け情報提供を担当。テレビ東京「ニュースモーニングサテライト」、日経CNBCなどにレギュラー出演し、金融市場の解説を行っている。著書に『為替が分かればビジネスがかわる(2014年日経BP社)』、『新版・本当にわかる為替相場(2017年日本実業出版社)』、『富裕層に学外貨建て投資(2019年日経新聞出版社)』などがある。
坂本慎太郎(さかもと・しんたろう)氏
こころトレード研究所 所長
2002年から6年間証券会社のディーラーとして株式と先物の売買を経験。2008年から株式会社かんぽ生命保険に転じ、社債・地方債・財投機関債のファンド・マネージャーを経験した後、運用計画の策定・株式のストラテジスト、株式のファンド・マネージャーとして運用に携わる。その後は個人投資家育成のため、中級者の個人トレーダーのスキルの穴埋めを目的としたこころトレード研究所を運営。ディーラーとして短期、機関投資家として中長期とあらゆる取引スパンを経験し、売買の裏側まで網羅していることが強み。
>>こころトレード研究所公式サイト
池水 雄一(いけみず・ゆういち)氏
貴金属スペシャリスト/日本貴金属マーケット協会 代表理事
1962年兵庫県出身。1986年上智大学外国語学部英語学科卒業後、住友商事株式会社入社、その後1990年クレディ・スイス銀行、1992年より三井物産株式会社で貴金属チームリーダーを 務める。2006年よりスタンダードバンク東京支店副支店長、2009年に同東京支店で支店長に就任。2019年9月より日本貴金属マーケット協会(JBMA)代表理事に就任。 一貫して貴金属ディーリングに従事し、世界各国のブリオン(貴金属)ディーラーでブルース(池水氏のディーラー名)の名を知らない人はいない。著書に「THE GOLD ゴールドのすべて」(エイチスクエア)など。
>>日本貴金属マーケット協会公式サイト
江守哲(えもり・てつ)氏
エモリキャピタルマネジメント代表
慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社し、非鉄金属取引に従事。1996年に英国住友商事に出向しロンドンに駐在。その後、etallgesellschaft Ltd.、三井物産フューチャーズを経て、2007年7月にアストマックス入社。同社でファンドマネージャーに就任。アストマックス退社後、2015年4月にエモリキャピタルマネジメントを設立。
>>エモリキャピタルマネジメント公式サイト
手塚 宏二(てづか・こうじ)氏
手塚宏ニ事務所代表/チャート研究家、トレード手法研究家
早稲田大学政経学部中退。金融会社で約30年間、外務員として営業を経て、IT会社へ転身。新しいチャート開発に取り組みながら、タートルズのトレード手法をベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。テクニカル分析の講座でも高度なチャート分析の本質を日本一わかりやすく解説している。2015年、ライフワークとしている「日本に正しい投資教育を根付かせること」をさらに推し進めるため、手塚宏二事務所開設。
>>手塚宏ニ(小次郎講師)公式サイト
安田 佐和子(やすだ・さわこ)氏
双日総合研究所  調査グループ上級主任/研究員
各国中銀政策及びマクロ経済担当の為替ライター経験を経て、2005年から2015年までニューヨークに拠点を移す。金融経済の最前線、ウォール街で取材活動に従事する傍ら、前述の業務に加え、米国やNYのカルチャーなど現地ならではのトピックを発信。2012年からは米国総合情報サイトMy Big Apple NYを立ち上げ、2015年秋に帰国後もホットな米国情報を配信中。帰国後、2015年10月〜19年3月まで株式会社三井物産戦略研究所に在籍、19年4月から現職。
叶内文子(かのうち・あやこ)氏
フリーアナウンサー
1996年にラジオたんぱ(現ラジオNIKKEI)入社。株式情報番組「和島英樹のウィークエンド株!」などに出演し、現在はフリーアナウンサー兼証券アナリスト。「癒し系アナウンサー」と呼ばれている。
>>ブログ「叶内文子のゆるりマーケット」
大橋ひろこ(おおはし・ひろこ)氏
フリーアナウンサー
ラジオNIKKEI「マーケット・トレンドPLUS」「北野誠のトコトン投資やりまっせ!」など、経済番組キャスタ―として活躍。アナウンサーとして経済番組を担当したことをきっかけに自身も投資を始め、現在では個別株、インデックス投資、投資信託、FX、商品先物と幅広く投資しており個人投資家目線のインタビューに定評がある。自身のトレードの記録はブログで赤裸々に公表しておりSNSでの情報発信も人気。
>>ブログ「ひろこのボラタイルな日々」
 
 
 
【イベントについて】
講演は投資判断の参考となる情報の提供を目的としています。また、将来の予測はその結果を保証するものではありません。実際に投資される場合の最終決定は、ご自身で行っていただくようお願い致します。
協賛社より金融商品取引契約等の締結を勧誘する目的のある資料を配布を行うことがあります。
各種情報の内容については万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。
【個人情報の取扱いについて】
くりっくフェスタ事務局のキャピタル・エフ株式会社 (以下当社)は、当イベントの申込によって取得した申込者の個人情報について、個人情報に関して適用される法令や規範を順守するとともに、個人情報を以下の方針に従って取り扱います。なお、協賛社である株式会社東京金融取引所及び同社が上場する「くりっく365」「くりっく株365」の取扱会社は、当社より申込者の個人情報の開示・提供を受けることはなく、また、申込者の個人情報を共同利用することもございません。
1. (法令などの遵守)
  当社は、個人情報保護法その他関係する法令等を遵守いたします。
2. (個人情報の収集)
  参加者の個人情報は、イベントの出欠確認、および、お申し込みいただいたイベントに関する連絡に必要な範囲で収集します。
3. (個人情報の利用目的)
  参加者からお預かりした個人情報の利用目的は以下の通りです。
(1)当イベントに関するご案内メールの送信
(2)会場における出欠確認
(3)お問合せ・登録内容の確認、照会
(4)当社が企画・実施するイベント等のご案内・連絡
(5)投資に関する経験などについてのデータ収集、分析
4. (個人情報の第三者への開示・提供)
  当社は以下の場合を除いては参加者の断りなく第三者に個人情報を開示・提供することはいたしません。
(1)法令に基づく場合、及び国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
(3)参加者が必要とする情報を提供するために主催者が業務委託先に必要な範囲で開示する場合
(4)統計的なデータなど本人を識別できない状態で開示・提供する場合
5. (個人情報に関するお問い合せ)
  当社の個人情報の取扱に関するお問合せ、個人情報の照会、訂正、利用の停止、又は削除をご希望される場合は、ご本人であることを確認させていただいた上で、特別な理由のない限り速やかに対応させていただきます。
[お問合せ先]
キャピタル・エフ株式会社
東京都中央区日本橋富沢町11-15-503 E-mail:clickfes@gmail.com
【商標について】
「くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標です。
「くりっく株365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標です。
 
 
 

 プライバシーポリシー

Copyright © くりっくフェスタ事務局 All rights reserved.